camp

母、ソロキャンプに行く。⑤汗だくタープ張り。

サイトが木陰でよかった。

ペグを打ち直すのはこれで何度目だろう。

あとから来た家族連れはとうにテントとタープを張り優雅な時間を過ごしている。

私はというと、タープを張るのに苦戦していた。

動画をみながら、なんて軽く考えていたのが間違いだった。

電波状況は悪くない。

けれども動画がすぐ停止してしまう。

テキストサイトを探すが、コレもいまいちわからない。

夫の言葉がリフレインする。

「タープの張り方だけはみときね」

テントが簡単に貼れるので、ものすごく甘く見ていた。

タープを張らねば、テントが張れない。

今度こそは完成!とも負った瞬間に、ポールがぱたんと倒れる。

失敗した。お腹すいた。

浮かぶのはネガティブなワードだけれど、

そこには後悔がなく、思わず笑いだしてしまいそうだ。

失敗することでさえ、楽しくて仕方がない。

早くビールが飲みたい。

あの最初の一口が待ち遠しくてたまらない。

これがソロキャンプなのか。

誰かと一緒だとつい、

待たせてはいけない。早くしないと。

と、ついつい焦ってしまう。

人の目を気にする。

人に迷惑をかけてはいけない。

私はそれがずっと必要なことだと思っていた。

常に判断に誰かの目が合って、

正解か否かを判断しようとしてしまう。

がちがちになって結局気疲れして終わる。

あー。そら、人といると疲れるよなあ。

ペグの手が止まる。

向こうに見える空は青い。

がんじがらめにしてるのは、わたしなんだ。 

私ってなかなかめんどくさい奴だ。

じゃあさ、どうしたらいいんだろう。

心もとなげに、ポールが震える。

風が吹いた。

また別のポールが倒れる。

ああ、そうか。

ポールにこだわるからいけないんだ。

ちょうどいい場所に木が2本ある。

ロープをぐるりと結び付けた。

私は、つい出口は一つだと思ってしまうところがある。

さあ、ビールを飲もう。

Follow me!