スノーピーク奥日田の2020年12月末レポートです。

スノーピーク奥日田~2020.12

camp
image
スノーピーク奥日田 冬

以前に来たのは数年前の夏。娘もまだおむつも取れていない頃。

夏と冬では、だいぶ印象が変わりますね(^^)

スノーピーク奥日田 夏

我が家初のファミリーキャンプは、このスノーピーク奥日田でした。

この頃、私自身もキャンプに慣れておらず、蝶々が飛んでくるだけで怖くて仕方ありませんでした(笑)とってもきれいな蝶々がたくさん飛んでいましたよ。

スノーピーク奥日田 夏 

子供が小さかったのもあり、周辺を散策する余裕もなかったけれど、改めて訪れてみて、いいキャンプ場だなあと感じます。

そして、前回は夏キャンプでしたが、今回は冬キャンプ。

フィールドも、夏とはまた違う表情。

雰囲気はまた夏にはない魅力に溢れていました。

image

冬キャンプは大好物です。

以前は、管理棟に近い上の方のフリーサイトに泊まりましたが

image

少し降りたところにある区画サイトにテントを張りました。(A1という区画オートサイトです)

山の上からの景色を楽しみたい場合は、管理棟近くのフリーサイトがやはりおススメです。

A1 の区画サイトはどちらかというと、山の景色を楽しむサイトです。(これはこれで良き)

この日は大寒波がやってくる直前だったので、気温もそこまで低くもなく、 冬キャンプ日和。

電源サイトだったこともあり、寒さに震えることなく、電気カーペットのおかげで朝までポカポカ過ごせました。

朝は少し早めに起きて、お散歩。

するとこんな立て札が!

え?ロッジもあるのかしら?と、フリーサイトの方へ。

年末の平日という事もあり、近くのフリーサイトには誰もおらず静か。

その先にロッジがあると立て札にはありましたが・・・・・・

見つけきれず。

実際、グーグルマップ上にも、HPにも記載がないため、もしかしたら将来的には‥‥‥?ということでしょうか(笑)

誰もいないフリーサイトはとても幻想的でした。

この年末キャンプ、スノーピーク奥日田を選んだのは、もう一つ目的がありました。

それは、ずっとほしいと思っていたリビングシェルを、購入前にレンタルしてみたかったのです。

今あちこちのキャンプ場で、スノーピークのテント等はレンタルできるようになっているのですが、リビングシェルはほかのキャンプ場では用意がなかったので、こちらにてお借りしました。

流石、スノーピークという事もあり、設備としては、炊事場はお湯も出て、トイレもきれい。

以前は、温泉が利用できていましたが、現在はコンシャワーのみ。現在このような社会状況の為、コインシャワーの利用も制限されているようです。(この辺は、店舗へご確認くださいね)

受付にはスノーピークショップがあり、スノーピーク製品だけでなく、薪や、地酒なども販売されています。

今回利用した電源付オートサイトには、区画ごとの水道もありましたが、汚水処理の関係もある為、そこでの洗い物は不可、炊事場を利用となっていました。

しかし、2021年6月の時点では、大変残念なことに、利用者のマナー悪化の為、使用不可となっています。

ゴミ捨てのルールについても、対応できない利用者が多いようで、このままだとゴミは持ち帰りとなるかもしれません。

どうか、利用されるときは、大人としてキャンプ場のルールを徹底されますよう。

image

また行こうと思います。

スノーピーク奥日田 大分県日田市前津江村大野64-1(旧椿が鼻ハイランドパーク)

スノーピーク奥日田 | スノーピーク * snow peak
スノーピーク奥日田店のキャンプイベントや製品入荷情報など、最新情報をお届けします。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました